気まずい膣ナラ(ちなら)を予防する技

気まずい膣ナラ(ちなら)を予防する技

いたたまれない膣ナラ(ちなら)を予防するポイント

 

セックスの最中におならというサウンドが鳴ってしまい、めっきりいたたまれない意欲をしたストックは一度はあると思います。

 

おならが出てしまったのかって勘違いする男子もいますが、セックス内側のそのサウンドはおならではありません。

 

そのおならというサウンドの原因は『膣ナラ(ちなら)』と言います。

 

ラブグラ,通販,即日,市販,効果,副作用,ちなら

 

膣ナラは
膣ナラは膣から感が出るおならものの症状だ。膣ナラは、体外から膣に入ってしまった感だ。

 

カラダで生成されて肛門から出るおならは臭いですが、膣ナラにはニオイはありません。

 

おならというサウンドが鳴ってしまうのは、膣に入ってしまった感がピストン動きにて勢い良く出てしまうためです。

 

 

膣ナラが起こり易い身構え

膣ナラにはニオイはありませんが、無意識にサウンドが鳴ってしまうことがあります。男性には膣ナラに知識がない人間もいるため、おならという勘違いされるって困ります。

 

膣ナラは膣に感が入っていまうと起こり易くなります。清々しくなってきた時に膣ナラは出やすくなります。

 

また、膣ナラは分娩ストックのある女性が困り易い病状だ。

 

 

膣ナラに耐える人間は膣ナラが起こり易いと言われている身構えを避けてセックスください。
・後背近く
・円滑近く
・位置づけ近く

 

こういう3つの身構えは膣に感が入りやすい身構えになります。

 

まるで、後背位はパートナーがお尻にしかたを置いた時に入り易くなります。円滑近くって位置づけ位は両足を開いた時に膣が変わり感が入り易くなります。

 

ビジョンが盛り上がってきたとたまに、膣内にバルーン症状が発生して感が止まり易くなることで膣ナラが起こり易くなります。

 

ラブグラ,通販,即日,市販,効果,副作用,ちなら

 

 

膣ナラを防ぐやり方

膣ナラが起こり易い身構えを避けても、膣に感が入ってしまい膣ナラが鳴ってしまうこともあります。

 

それに円滑近くや後背位は基本的な身構えですので除けるわけにはいきません。

 

パートナーって協力してやれる3つの膣ナラを防ぐやり方を紹介します。

 

 

自分で感を引き抜く

ペニスを挿入するときに、一旦両足を閉じて、お尻に力を入れて下さい。

 

お尻に力を入れる結果、膣内に残りがなくなり、膣ナラの原因の感が押し出して頂ける。

 

 

ゆっくりとペニスを挿入する

そうしてペニスの差し入れ時もゆっくりして下さい。

 

ゆっくりとペニスを挿入すると、少しずつ感が押し出されるので膣ナラのサウンドも小さくなります。

 

また、ハイスピードでピストン運動をするといった、急に感が押し出されるので膣ナラが鳴り易くなります。

 

 

奥までペニスを挿入する

ゆっくりとペニスを挿入したら、一旦奥までペニスを挿入して下さい。

 

裏に溜まっていた感がきちん追い越せるので恥ずかしい膣ナラを防止します。

 

膣ナラが鳴り易い人間や膣ナラがなってやましい意欲をしたくない人間は試してみてください。

 

>ラブグラの安全な通販はココ<

 

ラブグラTOPへ